配合理論(交配理論)

優秀なサラブレッドを生産するために、
古くから独自の理論をはじめ、
遺伝学の基礎的な考え方を踏まえた配合理論も発表されている。

しかし、現代の育種学の考え方を踏まえたは理論は数少ないが、
その代表的なものは

フィッツラックの18.75%理論
ブルース・ロウのフィガーシステム
ゴルトンの法則
ヴュイエのドサージュ理論
リーウェリンの平衡生産方式
宇田博士の配合理論

などがある。

カテゴリー: サラブレッド血統の科学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。