フィッツラックの18.75%理論

古い交配理論で極めて単純な交配方法の1つである。

優秀な種牡馬の血量を18.75%になるように交配すれば、
良い効果が出るというものである。

例えば、父方3代前と母方4代前に同じ種牡馬Aがあるとすると、
父方から12.5%母方から6.25%の血量が入っており、
その合計が18.75%になる。

このように優秀な種牡馬の血量を18.75%にするように交配すると
よい産駒がえられる。

カテゴリー: サラブレッド血統の科学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。