ゴルトンの法則

サー・フランシスコ・ゴルトンの理論であり、
古い交配理論で、
遺伝学に基づいた法則ではない。

両親は子供を形づくる上に、
父母合わせて2分の1貢献しており、
4頭の祖父母は合わせて4分の1、
曾祖父母は合わせて8分の1、
以下同様に子供に影響を与えている。

この法則は、
競馬に出走しなかった馬の能力を推定するのにも用いられていた。

カテゴリー: サラブレッド血統の科学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。