サラブレッド血統の科学

芝ダート別・距離別の2着と3着のタイム差

芝ダート別・距離別に1着馬からの2着馬と3着馬のタイム差を
・レース数
・平均:タイム差平均(秒)
・信頼区間:タイム差平均+95%信頼区間(上限値)
を分析しましたので
予測タイム差から馬券検討する時のデータとしてご利用ください

分析に使ったデータは下記の通りです
1.2016年から2018年における8Rから12R
2.2着および3着馬の1着馬からのタイム差
3.東京・中山・京都・阪神の4大競馬場
4.良馬場

距離(芝) 2着のタイム差 3着のタイム差
レース数 平均(秒) 信頼区間 レース数 平均(秒) 信頼区間
1200m 124 0.11 0.132 123 0.22 0.247
1400m 146 0.14 0.167 147 0.26 0.297
1600m 272 0.14 0.154 268 0.25 0.275
1800m 221 0.15 0.170 222 0.28 0.312
2000m 211 0.16 0.181 213 0.31 0.340
2200m 61 0.16 0.198 61 0.33 0.388
2400m 98 0.17 0.197 99 0.34 0.388
2500m 28 0.13 0.171 28 0.24 0.300
3000m以上 16 0.18 0.267 16 0.38 0.493

 

距離(ダート) 2着のタイム差 3着のタイム差
レース数 平均(秒) 信頼区間 レース数 平均(秒) 信頼区間
1200m 144 0.18 0.211 140 0.31 0.349
1400m 153 0.18 0.215 153 0.34 0.380
1600m 75 0.22 0.280 75 0.37 0.439
1800m 167 0.22 0.262 168 0.41 0.457
1900m 23 0.28 0.387 23 0.47 0.589
2000m 25 0.20 0.297 25 0.44 0.604
2100m 38 0.24 0.321 38 0.43 0.522
2400m 13 0.25 0.376 13 0.48 0.676

参考:95%信頼区間とは、母平均が95%の確率でその範囲にあることを表しています

走能力の遺伝(8)「芝とダートの違いはあるのか?」

(1)はじめに

(2)「走能力の遺伝には複数の遺伝子が関わる」

(3)「量的形質」

(4)「サラブレッドの遺伝と環境」

(5)「走能力の遺伝の考え方」

(6)「サラブレッドの能力は何で表す?」

(7)「競馬予想では指標に何を使っているか?」

(8)「芝とダートの違いはあるのか?」

芝とダートは馬場の構造が異なるため
競走馬の走能力に与える影響は大きいと考えられます

芝とダートの両方を走った馬の走破タイムを使って
走能力の違いを分析した研究があります

その研究では
遺伝相関(遺伝部分だけを取り出して馬場の違いからくる走能力の関連性をみた値)は
低い(関連性は少ない)という結果が得られました

統計的には、芝とダートは別々に分析した方が良いということです

この研究結果から
競馬予想では、芝とダートの走破タイムは区別して別々にデータの分析をしています

走能力の遺伝(7)「競馬予想では指標に何を使っているか?」

(1)はじめに

(2)「走能力の遺伝には複数の遺伝子が関わる」

(3)「量的形質」

(4)「サラブレッドの遺伝と環境」

(5)「走能力の遺伝の考え方」

(6)「サラブレッドの能力は何で表す?」

(7)「競馬予想では指標に何を使っているか?」

競馬予想では走能力の指標として走破タイムを使っています
シリーズ(6)でも書いたように
サラブレッドの走能力を表す指標は
多くありますが
それぞれ短所や長所があります

何故、指標に走破タイムを使うのか?

競走成績を数年に渡って分析するには
指標として経年変化がないことが必要です

獲得賞金は、経済状況の変化による貨幣価値変動があったりするため
正確に比較ができません

その点、タイムは永続性があり、基準が変化しないという最大の長所があります

また、JRAには昭和50年代からの競走成績データに
走破タイムの膨大な蓄積があります

このような理由から走破タイムを指標として分析しています

走能力の遺伝(6)サラブレッドの能力は何で表す?

(1)はじめに

(2)「走能力の遺伝には複数の遺伝子が関わる」

(3)「量的形質」

(4)「サラブレッドの遺伝と環境」

(5)「走能力の遺伝の考え方」

(6)「サラブレッドの能力は何で表す?」

サラブレッドの走能力を評価する上で
重要なことは走能力を何で表わす(指標)かがとても重要になります。

日本で取得できる走能力の指標としては

タイム

着順

着差

収得賞金(アーニング)

フリーハンデ

アーニング・インデックス

レーティング

外国では

パフォーマンス・レイト(アメリカの競馬雑誌に論文が紹介されています)

タイムフォーム・レイト

などがあります。

走能力の遺伝(5)走能力の遺伝の考え方

(1)はじめに

(2)「走能力の遺伝には複数の遺伝子が関わる」

(3)「量的形質」

(4)「サラブレッドの遺伝と環境」

(5)「走能力の遺伝の考え方」

走能力は
複数の遺伝子が関与しています
では
どのように遺伝するのかを簡略して説明します

まず、走能力に関わる遺伝子を
父が7個、母が5個持っている場合
父の遺伝子2個持つ精子と5個持つ精子と
母の遺伝子1個持つ卵子と4個持つ卵子ができるとします
(この別れ方は、偶然に左右され変化します)

これらの精子と卵子が受精すると次の4種類の子供ができます

精子2+卵子1=3

精子2+卵子4=6

精子5+卵子1=6

精子5+卵子4=9

このように同じ父と母から生まれても能力の異なる子供ができます

一方
子供全員の値の平均は

3+6+6+9=24÷4=6

父と母の平均は

7+5=12÷2=6

となり

父と母の走能力の平均以上には子に伝えられないことが理解できると思います

そこで
競走馬の場合、走能力の高い父馬と母馬の配合が重要になってきます

走能力の遺伝(4)遺伝と環境

(1)はじめに

(2)「走能力の遺伝には複数の遺伝子が関わる」

(3)「量的形質」

(4)「サラブレッドの遺伝と環境」

走能力は複数の遺伝子が関わる」で書いたように
走能力の遺伝には複数の遺伝子が関わるため
一つ一つの遺伝子が環境の影響を少しずつ受けて
トータルでは環境の影響が大きくなってきます。

このため
サラブレッドが両親から受け継いだ走能力を十分発揮するためには
日常の調教や飼養管理などの環境が重要となってきます。

遺伝的に優秀な走能力をいくら受け継いだとしても
環境が劣悪になれば
遺伝した能力は宝の持ち腐れとなります。

では
何を材料に環境の良し悪しを判断すればよいのでしょうか?

馬券の検討材料として把握できることは限定されますが
調教の状態は
追い切りタイムの変化でとらえられ
飼養管理については把握できない部分も多いですが
馬体重の増減を利用することも一つの方法かと思います。

競馬予想の情報だけでなく
これらの情報もチェックをする必要があります。

走能力の遺伝(3)量的形質

(1)はじめに

(2)「走能力の遺伝には複数の遺伝子が関わる」

(3)「量的形質」
量的形質は、複数の遺伝子が係わっているため
環境の影響で、その形質の表れ方が変化します。

例えば

体重(複数の遺伝子に支配されている形質)が
その時の栄養状態によって変化することを考えれば理解できます。

すなわち、ある時点での表現型(体重)は
良きにつけ悪しきにつけ
その時点の遺伝と環境の和として表れます。

この量的形質の遺伝する強さは
優性・劣性ではなく
遺伝率(ヘリタビリティ)という値で表します。

走能力の遺伝(2)複数の遺伝子

(1)はじめに

(2)「走能力の遺伝には複数の遺伝子が関わる」

親から子に伝わる形質には
1つの遺伝子で決まるものと

複数の遺伝子できまるものとがあります。

1つの遺伝子で決まるものには
血液型や馬の毛色などがあり

これらは一生変わることがなく
その遺伝の仕方は

優性(顕性:ケンセイ)・劣性(潜性:センセイ)の考え方で知られています。

一方複数の遺伝子の影響をうけるものは
量的形質ともいわれ

量的に数字で表すことができるものが多く
サラブレッドの走能力や体格(体重、体高など)や

家畜の乳量・肉質などがあります。

サラブレッドの走能力の遺伝(1)

(1)はじめに

サラブレッドの走能力がどのように親から仔に伝わる(遺伝する)のかについて

育種(統計遺伝)の考え方を数回に分けて紹介します。

予定項目です

(2)「走能力の遺伝には複数の遺伝子が関わる」

(3)「量的形質」

(4)「サラブレッドの遺伝と環境」

(5)「走能力の遺伝の考え方」

(6)「サラブレッドの能力は何で表す?」

(7)「競馬予想では指標に何を使っているか?」

(8)「芝とダートの違い」

(9)「何を分析するか」

春の天皇賞:競馬の短距離・長距離

春の天皇賞は
平地競走では3番目に長い距離3,200メートルのレースです

人の陸上競技では、100mからマラソンの42.195kmまでありますが
JRA芝の平地競走では、最短距離は1,000m、最長距離は3,600mです

人のように極端に距離が違うと、短距離か長距離か明白に判別できますが
競馬の3,200メートルは、どちらなのでしょうか?

その答えを得るためのひとつの方法として
「走速度と走行時間」の関係からみることができます

人では、2分33秒のところに走速度と走行時間の関係が変化する所(変曲点)があり
無酸素運動(短距離走)と有酸素運動(長距離走)との境目とみられています

競馬も同様に走速度と走行時間の関係から見てみると
変曲点は、人と同じ2分35秒(競馬では約2,500mに該当)のところに確認でき
競走馬にとっても、この2,500mが短距離と長距離の境のようです

日本で行われている競馬の98%は2,500m以下であることから
日本の競馬のほとんどは
人の陸上競技における短距離から中距離に相当していると考えられます