父馬と母馬の走能力

天皇賞(秋)出走馬の父馬の走能力順位

第150回天皇賞(秋)(GⅠ)出走馬18頭の父馬の走能力順位です

競走成績は
2012年10月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Mile(1,301m- 1,899m)と
Intermediate(1,900m- 2,100m)と
Long(2,101m – 2,700m)の
成績で分析しています

出走馬18頭の父馬は13頭で
ディープインパクトが6頭と突出しています

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト [   1 番 ] ジェンティルドンナ
1 ディープインパクト [   3 番 ] デニムアンドルビー
1 ディープインパクト [   4 番 ] スピルバーグ
1 ディープインパクト [   7 番 ] サトノノブレス
1 ディープインパクト [   8 番 ] ディサイファ
1 ディープインパクト [ 14 番 ] マーティンボロ
2 ダイワメジャー [ 13 番 ] カレンブラックヒル
3 マンハッタンカフェ [ 11 番 ] ラブイズブーシェ
4 ステイゴールド [   9 番 ] フェノーメノ
5 キングカメハメハ [   2 番 ] ヒットザターゲット
6 シンボリクリスエス [   5 番 ] エピファネイア
7 フジキセキ [ 15 番 ] イスラボニータ
8 ダンスインザダーク [   6 番 ] ダークシャドウ
9 ゼンノロブロイ [ 10 番 ] ペルーサ
10 デュランダル [ 12 番 ] フラガラッハ
11 ジャングルポケット [ 16 番 ] トーセンジョーダン
12 チーフベアハート [ 18 番 ] マイネルラクリマ
13 スターリングローズ [ 17 番 ] アスカクリチャン

菊花賞出走馬の父馬の走能力順位

第75回菊花賞(GⅠ)出走馬の父馬の走能力順位です

競走成績は
2011年10月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Long(2,101m – 2,700m)と
Extended(2,700m -)の成績で分析しています

出走馬18頭の父馬は14頭で
ディープインパクトが3頭の出走馬
ネオユニヴァースとキングカメハメハそれぞれ2頭の出走馬がいます

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト [   7 番 ] トーセンスターダム
1 ディープインパクト [   8 番 ] ワールドインパクト
1 ディープインパクト [ 16 番 ] サトノアラジン
2 ハーツクライ [ 15 番 ] ワンアンドオンリー
3 ステイゴールド [ 11 番 ] アドマイヤランディ
4 ネオユニヴァース [   4 番 ] サウンズオブアース
4 ネオユニヴァース [ 17 番 ] ヴォルシェーブ
5 ブラックタイド [   1 番 ] マイネルフロスト
6 シンボリクリスエス [   6 番 ] ショウナンラグーン
7 スペシャルウィーク [   2 番 ] トーホウジャッカル
8 スクリーンヒーロー [ 10 番 ] ゴールドアクター
9 ゴールドアリュール [ 18 番 ] メイショウスミトモ
10 タニノギムレット [   9 番 ] ハギノハイブリッド
11 キングカメハメハ [ 12 番 ] タガノグランパ
11 キングカメハメハ [ 14 番 ] トゥザワールド
12 スタチューオブリバティ [   3 番 ] サングラス
13 アドマイヤムーン [ 13 番 ] ミヤビジャスパー
14 チチカステナンゴ [   5 番 ] シャンパーニュ

ダービー出走馬の父馬と母馬の走能力順位

第81回東京優駿(日本ダービー)(GⅠ)出走馬17頭の父馬と母馬の走能力順位です
(7番ウインフルブルームは出走取消(31日現在))

競走成績は
2013年6月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Mile(1,301m- 1,899m)
Intermediate(1,900m- 2,100m)
Long(2,101m- 2,700m)
の成績で分析しています

父馬の走能力順位
出走馬17頭の父馬は12頭で
その産駒は
ディープインパクトの4頭が最も多く
次いでキングカメハメハの3頭です

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト [   10 番 ] ベルキャニオン
1 ディープインパクト [   15 番 ] サトノルパン
1 ディープインパクト [   17 番 ] トーセンスターダム
1 ディープインパクト [   18 番 ] ワールドインパクト
2 ハーツクライ [     2 番 ] ワンアンドオンリー
3 ステイゴールド [   16 番 ] レッドリヴェール
4 キングカメハメハ [     5 番 ] トゥザワールド
4 キングカメハメハ [     8 番 ] スズカデヴィアス
4 キングカメハメハ [   14 番 ] タガノグランパ
5 ネオユニヴァース [     1 番 ] サウンズオブアース
6 シンボリクリスエス [     6 番 ] ショウナンラグーン
7 ゼンノロブロイ [     9 番 ] アズマシャトル
8 ブラックタイド [     3 番 ] マイネルフロスト
9 フジキセキ [   13 番 ] イスラボニータ
10 タニノギムレット [   11 番 ] ハギノハイブリッド
11 アドマイヤドン [     4 番 ] アドマイヤデウス
12 メイショウボーラー [   12 番 ] エキマエ

母馬の走能力順位

母順位 母馬名 馬番 馬 名
1 ロイヤルカード [     4 番 ] アドマイヤデウス
2 スズカローラン [     8 番 ] スズカデヴィアス
3 トゥザヴィクトリー [     5 番 ] トゥザワールド
4 メジロシャレード [     6 番 ] ショウナンラグーン
5 ディソサード [   16 番 ] レッドリヴェール
6 ヴァーチュ [     2 番 ] ワンアンドオンリー
7 タガノグラマラス [   14 番 ] タガノグランパ
8 ハッピーペインター [   11 番 ] ハギノハイブリッド
9 イスラコジーン [   13 番 ] イスラボニータ
10 ファーストバイオリン [     1 番 ] サウンズオブアース
11 クロウキャニオン [   10 番 ] ベルキャニオン
12 ペンカナプリンセス [   18 番 ] ワールドインパクト
13 ブレッシング [     9 番 ] アズマシャトル
14 ローレルシャイン [   12 番 ] エキマエ
15 アドマイヤキラメキ [   17 番 ] トーセンスターダム
16 スリースノーグラス [     3 番 ] マイネルフロスト
17 エリモピクシー [   15 番 ] サトノルパン

オークス出走馬の父馬と母馬の走能力順位

第75回優駿牝馬(オークス)(GⅠ)出走馬18頭の父馬と母馬の走能力順位です

競走成績は
2013年6月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Mile(1,301m- 1,899m)
Intermediate(1,900m- 2,100m)
Long(2,101m- 2,700m)
の成績で分析しています

父馬の走能力順位
出走馬18頭の父馬は14頭で
その産駒は
ゼンノロブロイの3頭が最も多く
次いでハーツクライとネオユニヴァースの2頭です

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト [   10 番 ] ハープスター
2 ハーツクライ [     9 番 ] ヌーヴォレコルト
2 ハーツクライ [   15 番 ] マジックタイム
3 ステイゴールド [     3 番 ] マイネオーラム
4 ネオユニヴァース [     1 番 ] ベッラレジーナ
4 ネオユニヴァース [   17 番 ] フォーエバーモア
5 ダイワメジャー [   11 番 ] マーブルカテドラル
6 シンボリクリスエス [   14 番 ] ブランネージュ
7 スペシャルウィーク [     4 番 ] ペイシャフェリス
8 ゼンノロブロイ [     5 番 ] バウンスシャッセ
8 ゼンノロブロイ [     6 番 ] パシフィックギャル
8 ゼンノロブロイ [     8 番 ] サングレアル
9 ブラックタイド [     7 番 ] シャイニーガール
10 Curlin [     2 番 ] ディルガ
11 ブライアンズタイム [   12 番 ] マイネグレヴィル
12 クロフネ [   18 番 ] エリーザベスト
13 オペラハウス [   13 番 ] ニシノアカツキ
14 バゴ [   16 番 ] クリスマス

母馬の走能力順位

母順位 母馬名 馬番 馬 名
1 シナノネージュ [   14 番 ] ブランネージュ
2 アラマサスナイパー [   16 番 ] クリスマス
3 マイネポリーヌ [   12 番 ] マイネグレヴィル
4 フローレス [   18 番 ] エリーザベスト
5 ニシノシルエット [   13 番 ] ニシノアカツキ
6 プレザントケイプ [     4 番 ] ペイシャフェリス
7 タイムウィルテル [   15 番 ] マジックタイム
8 リッチダンサー [     5 番 ] バウンスシャッセ
9 ビワハイジ [     8 番 ] サングレアル
10 マイネシャローナ [     3 番 ] マイネオーラム
11 エターナルビート [   17 番 ] フォーエバーモア
12 ヘルスウォール [   11 番 ] マーブルカテドラル
13 アイランドファッション [     6 番 ] パシフィックギャル
14 オメガスピリット [     9 番 ] ヌーヴォレコルト
15 ベッラレイア [     1 番 ] ベッラレジーナ
16 Baghdaria [     2 番 ] ディルガ
17 ヒストリックスター [   10 番 ] ハープスター
18 ブライティアガール [     7 番 ] シャイニーガール

天皇賞(春)出走馬の父馬の走能力順位

第149回天皇賞(春)(GⅠ)出走馬17頭の父馬の走能力順位です
(外国馬 レッドカドーはJRAでの父馬の記録がないため除外しています)

競走成績は
2010年5月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Long(2,101m- 2,700m)
Extended(2,701m- )
の成績で分析しています

父馬の走能力順位
出走馬17頭の父馬は11頭で
その産駒は
ディープインパクト・ハーツクライ・ステイゴールドの3頭と最も多い

父馬順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト [      3 番 ] サトノノブレス
1 ディープインパクト [    11 番 ] ラストインパクト
1 ディープインパクト [    14 番 ] キズナ
2 ハーツクライ [    10 番 ] フェイムゲーム
2 ハーツクライ [    12 番 ] ウインバリアシオン
2 ハーツクライ [    15 番 ] アドマイヤラクティ
3 ステイゴールド [      7 番 ] フェノーメノ
3 ステイゴールド [      8 番 ] ゴールドシップ
3 ステイゴールド [    13 番 ] オーシャンブルー
4 ネオユニヴァース [    18 番 ] デスペラード
5 マーベラスサンデー [      6 番 ] ホッコーブレーヴ
6 マンハッタンカフェ [      2 番 ] アドマイヤフライト
7 ダンスインザダーク [      9 番 ] タニノエポレット
8 ジャングルポケット [    16 番 ] ジャガーメイル
9 キングカメハメハ [    17 番 ] ヒットザターゲット
10 シンボリクリスエス [      4 番 ] サイレントメロディ
11 スターリングローズ [      1 番 ] アスカクリチャン

皐月賞出走馬の父馬と母馬の走能力順位

第74回皐月賞(GⅠ)出走馬18頭の父馬と母馬の走能力順位です

競走成績は
2012年4月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Mile(1,301m- 1,899m)
Intermediate(1,900m- 2,100m)
Long(2,101m- 2,700m)
の成績で分析しています

父馬の走能力順位
出走馬18頭の父馬は11頭で
その産駒は
ディープインパクトとキングカメハメハの4頭が最も多く
次いでフジキセキヨの2頭です

父順位 父馬名 馬 番 馬 名
1 ディープインパクト [    5 番 ] アデイインザライフ
1 ディープインパクト [    7 番 ] トーセンスターダム
1 ディープインパクト [    8 番 ] ステファノス
1 ディープインパクト [  10 番 ] ベルキャニオン
2 ハーツクライ [    1 番 ] ワンアンドオンリー
3 Henny Hughes [  16 番 ] アジアエクスプレス
4 スペシャルウィーク [  18 番 ] ウインフルブルーム
5 フジキセキ [    2 番 ] イスラボニータ
5 フジキセキ [  11 番 ] ロサギガンティア
6 キングカメハメハ [    3 番 ] クラリティシチー
6 キングカメハメハ [    9 番 ] スズカデヴィアス
6 キングカメハメハ [  12 番 ] タガノグランパ
6 キングカメハメハ [  17 番 ] トゥザワールド
7 ゼンノロブロイ [  14 番 ] バウンスシャッセ
8 チチカステナンゴ [  13 番 ] キングズオブザサン
9 カンパニー [    4 番 ] クリノカンパニー
10 ジャングルポケット [  15 番 ] コウエイワンマン
11 アドマイヤドン [    6 番 ] アドマイヤデウス

母馬の走能力順位

母順位 母馬名 馬 番 馬 名
1 ロイヤルカード [   6 番 ] アドマイヤデウス
2 スティンガー [ 13 番 ] キングズオブザサン
3 トゥザヴィクトリー [ 17 番 ] トゥザワールド
4 タイキクラリティ [   3 番 ] クラリティシチー
5 スズカローラン [   9 番 ] スズカデヴィアス
6 ヴァーチュ [   1 番 ] ワンアンドオンリー
7 リッチダンサー [ 14 番 ] バウンスシャッセ
8 イスラコジーン [   2 番 ] イスラボニータ
9 タガノグラマラス [ 12 番 ] タガノグランパ
10 クロウキャニオン [ 10 番 ] ベルキャニオン
11 ジョウテンセレブ [ 15 番 ] コウエイワンマン
12 ラッシュライフ [   5 番 ] アデイインザライフ
13 ターフローズ [ 11 番 ] ロサギガンティア
14 Running Bobcats [ 16 番 ] アジアエクスプレス
15 ココシュニック [   8 番 ] ステファノス
16 アドマイヤキラメキ [   7 番 ] トーセンスターダム
17 ハナノメガミ [ 18 番 ] ウインフルブルーム
18 クリノビスケット [   4 番 ] クリノカンパニー

桜花賞出走馬の父馬の走能力順位

第74回桜花賞(GⅠ)出走馬18頭の父馬の走能力順位です

競走成績は
2012年4月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Sprint(1,000m- 1,300m)と
Mile(1,301m- 1,899m)の
成績で分析しています

出走馬18頭の父馬は15頭で
ヨハネスブルグとゼンノロブロイおよびクロフネがそれぞれ2頭
の出走馬がいます

父馬の走能力順位

父順位 父馬名 馬番 馬名
1 ディープインパクト 【  18 番 】 ハープスター
2 ダイワメジャー 【  14 番 】 マーブルカテドラル
3 ハーツクライ 【  10 番 】 ヌーヴォレコルト
4 マンハッタンカフェ 【    1 番 】 カウニスクッカ
5 スペシャルウィーク 【    4 番 】 ペイシャフェリス
6 ステイゴールド 【  12 番 】 レッドリヴェール
7 ヨハネスブルグ 【  11 番 】 フクノドリーム
7 ヨハネスブルグ 【  15 番 】 ホウライアキコ
8 ゼンノロブロイ 【    6 番 】 レーヴデトワール
8 ゼンノロブロイ 【  16 番 】 リラヴァティ
9 ネオユニヴァース 【    9 番 】 フォーエバーモア
10 クロフネ 【    5 番 】 モズハツコイ
10 クロフネ 【  13 番 】 アドマイヤビジン
11 ブラックタイド 【    8 番 】 シャイニーガール
12 タイキシャトル 【    2 番 】 ニシノミチシルベ
13 サクラバクシンオー 【  17 番 】 ベルカント
14 スウェプトオーヴァーボード 【    7 番 】 ニホンピロアンバー
15 サウスヴィグラス 【    3 番 】 コーリンベリー

フェブラリーS出走馬の父馬の走能力順位

第31回フェブラリーステークス(GⅠ)出走馬16頭の父馬の走能力順位です

競走成績は
2009年2月1日からのデータから
ダート馬場の
レーティングで区分されている
Mile(1,301m- 1,899m)の
成績で分析しています

出走馬16頭の父馬は11頭ですが
ベストウォーリアの父馬Majestic Warriorのデータが無いので
この父馬を除いた10頭の父馬の内
キングカメハメハが4頭
ゴールドアリューとシンボリクリスエスがそれぞれ2頭
の出走馬がいます

父馬の走能力順位

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 キングカメハメハ 【   8 番 】 グランドシチー
1 キングカメハメハ 【   9 番 】 アドマイヤロイヤル
1 キングカメハメハ 【 11 番 】 ベルシャザール
1 キングカメハメハ 【 15 番 】 ホッコータルマエ
2 ロージズインメイ 【 10 番 】 ドリームバレンチノ
3 ゴールドアリュール 【 13 番 】 コパノリッキー
3 ゴールドアリュール 【 16 番 】 シルクフォーチュン
4 シンボリクリスエス 【   3 番 】 ソロル
4 シンボリクリスエス 【 14 番 】 ダノンカモン
5 アグネスタキオン 【   6 番 】 ノーザンリバー
6 Tale of the Cat 【   5 番 】 エーシントップ
7 ネオユニヴァース 【   1 番 】 ゴールスキー
8 フジキセキ 【 12 番 】 ブライトライン
9 カリズマティック 【   4 番 】 ワンダーアキュート
10 ホワイトマズル 【   7 番 】 ニホンピロアワーズ

有馬記念出走馬の父馬と母馬の走能力順位

第58回有馬記念(GⅠ)出走馬16頭の父馬の走能力順位です

競走成績は
2010年12月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Intermediate(1,900m- 2,100m)と
Long(2,101m- 2,700m)の
成績で分析しています

出走馬16頭の父馬は10頭で
ハーツクライとステイゴールドがそれぞれ3頭
キングカメハメハとジャングルポケットがそれぞれ2頭
の出走馬がいます

父馬の走能力順位

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト 【    1 番 】 ダノンバラード
2 ハーツクライ 【    3 番 】 カレンミロティック
2 ハーツクライ 【    4 番 】 ウインバリアシオン
2 ハーツクライ 【  10 番 】 アドマイヤラクティ
3 ステイゴールド 【    6 番 】 オルフェーヴル
3 ステイゴールド 【  14 番 】 ゴールドシップ
3 ステイゴールド 【  15 番 】 ナカヤマナイト
4 フジキセキ 【    7 番 】 タマモベストプレイ
5 ネオユニヴァース 【    5 番 】 デスペラード
6 ブラックタイド 【  12 番 】 テイエムイナズマ
7 キングカメハメハ 【    8 番 】 ラブリーデイ
7 キングカメハメハ 【  13 番 】 トゥザグローリー
8 マンハッタンカフェ 【  11 番 】 ラブイズブーシェ
9 ゼンノロブロイ 【    9 番 】 ルルーシュ
10 ジャングルポケット 【    2 番 】 ヴェルデグリーン
10 ジャングルポケット 【  16 番 】 トーセンジョーダン

母馬の走能力順位

母順位 母馬名 馬番 馬 名
1 マイネノエル 【    5 番 】 デスペラード
2 レディバラード 【    1 番 】 ダノンバラード
3 ポップコーンジャズ 【    8 番 】 ラブリーデイ
4 ポイントフラッグ 【  14 番 】 ゴールドシップ
5 レディーダービー 【    2 番 】 ヴェルデグリーン
6 ローリエ 【  11 番 】 ラブイズブーシェ
7 エヴリウィスパー 【  16 番 】 トーセンジョーダン
8 オリエンタルアート 【    6 番 】 オルフェーヴル
9 スターミー 【    3 番 】 カレンミロティック
10 ダンスーズデトワール 【    9 番 】 ルルーシュ
11 ホットプレイ 【    7 番 】 タマモベストプレイ
12 トゥザヴィクトリー 【  13 番 】 トゥザグローリー
13 スーパーバレリーナ 【    4 番 】 ウインバリアシオン
14 アドマイヤテレサ 【  10 番 】 アドマイヤラクティ
15 フィジーガール 【  15 番 】 ナカヤマナイト
16 クラスター 【  12 番 】 テイエムイナズマ

マイルチャンピオンシップ出走馬の父馬の走能力順位

第30回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)出走馬18頭の父馬の走能力順位です

競走成績は
2010年11月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Mile(1,301m- 1,899m)の
成績で分析しています

出走馬18頭の父馬は10頭で
ディープインパクトが5頭
ダイワメジャーとダンスインザダークがそれぞれ3頭
の出走馬がいます

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト 【   3 番 】 レッドオーヴァル
1 ディープインパクト 【   5 番 】 トーセンラー
1 ディープインパクト 【 10 番 】 ドナウブルー
1 ディープインパクト 【 13 番 】 ダノンシャーク
1 ディープインパクト 【 18 番 】 リアルインパクト
2 ダイワメジャー 【   1 番 】 コパノリチャード
2 ダイワメジャー 【   4 番 】 ダイワマッジョーレ
2 ダイワメジャー 【   8 番 】 カレンブラックヒル
3 アグネスタキオン 【 14 番 】 リルダヴァル
4 マンハッタンカフェ 【   6 番 】 ガルボ
5 フジキセキ 【   2 番 】 サダムパテック
6 ダンスインザダーク 【   9 番 】 ダノンヨーヨー
6 ダンスインザダーク 【 12 番 】 クラレント
6 ダンスインザダーク 【 15 番 】 ダークシャドウ
7 サクラバクシンオー 【 16 番 】 グランプリボス
8 ラスカルスズカ 【   7 番 】 サンレイレーザー
9 サクラプレジデント 【 11 番 】 サクラゴスペル
10 テレグノシス 【 17 番 】 マイネイサベル