おもしろ馬のことわざ

口籠をはめる

くちかごを はめる

自由に話をさせないこと

 

牛驥同草

ぎゅうき どうそう

歩みののろい牛と名馬も同じ飼葉を与えられることから
優秀な者と劣等な者が同等の待遇をうけることのたとえ

驥尾に付くべし駑に付くなかれ

きびに つくべし どに つくなかれ

駿馬の尻尾にとりつけば蠅でも千里の道を行くことができる。
駄馬ではいくらこちらで努力しても効果があがらない。
主人を選べということのたとえ。

おじは貸すが馬貸さぬ

おじはかすが うまかさぬ

次・三男なら余っているから、
いくらでも手伝いに貸すが、
馬は大切だから貸すことはできない。

馬より鞍が高い

うまより くらが たかい

付属品の方がかえって金がかかる。
本末転倒のことをいう。

馬は千段の荷より一段の荷に困る

うまは せんだんのにより いちだんのにに こまる

けたはずれのものはかえって問題外である。
苦労も身に相応したことではないと、苦労にはならないこと。