スプリンターズS出走馬の父馬の走能力順位

第50回スプリンターズステークス(GⅠ)出走馬16頭の父馬の走能力順位です

競走成績は
2010年6月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Sprint(1,000m-1,300m)
Mile(1,301m-1,899m)の
成績で分析しています

出走馬16頭の父馬は12頭で
ディープインパクト産駒が4頭
サクラバクシンオー産駒が2頭
の出走馬がいます

父馬の走能力順位

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト 【     2 番 】 ブランボヌール
1 ディープインパクト 【     9 番 】 サトノルパン
1 ディープインパクト 【   14 番 】 ウリウリ
1 ディープインパクト 【   15 番 】 ミッキーアイル
2 ダイワメジャー 【     4 番 】 ソルヴェイグ
3 キングカメハメハ 【   12 番 】 レッツゴードンキ
4 キンシャサノキセキ 【     5 番 】 シュウジ
5 アグネスタキオン 【   10 番 】 レッドアリオン
6 ヨハネスブルグ 【   16 番 】 ネロ
7 サクラバクシンオー 【     1 番 】 ビッグアーサー
7 サクラバクシンオー 【     6 番 】 ベルカント
8 アルデバラン2 【   11 番 】 ダンスディレクター
9 ストーミングホーム 【     3 番 】 ティーハーフ
10 アドマイヤコジーン 【     7 番 】 スノードラゴン
11 スウェプトオーヴァーボード 【   13 番 】 レッドファルクス
12 サクラプレジデント 【     8 番 】 サクラゴスペル
2016/10/01 カテゴリー: 父馬と母馬の走能力 | コメントする

ダービー出走馬の父馬と母馬の走能力順位

第83回東京優駿(日本ダービー)(GⅠ)出走馬18頭の父馬と母馬の走能力順位です

競走成績は
2014年6月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Sprint(1,000m- 1,300m)
Mile(1,301m- 1,899m)
Intermediate(1,900m- 2,100m)の
成績で分析しています

出走馬18頭の父馬は11頭で
ディープインパクトの産駒が6頭
ハービンジャー、キングカメハメハ、マツリダゴッホがそれぞれ2頭
の出走馬がいます

父馬の走能力順位

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト 【    1 番 】 ディーマジェスティ
1 ディープインパクト 【    3 番 】 マカヒキ
1 ディープインパクト 【    8 番 】 サトノダイヤモンド
1 ディープインパクト 【    9 番 】 マウントロブソン
1 ディープインパクト 【  14 番 】 ヴァンキッシュラン
1 ディープインパクト 【  18 番 】 プロディガルサン
2 ハービンジャー 【    6 番 】 アグネスフォルテ
2 ハービンジャー 【  17 番 】 プロフェット
3 ヴィクトワールピサ 【  11 番 】 アジュールローズ
4 マンハッタンカフェ 【  15 番 】 イモータル
5 ステイゴールド 【    4 番 】 レインボーライン
6 キングカメハメハ 【    5 番 】 エアスピネル
6 キングカメハメハ 【  12 番 】 リオンディーズ
7 ダノンシャンティ 【  10 番 】 スマートオーディン
8 ゼンノロブロイ 【  13 番 】 レッドエルディスト
9 マツリダゴッホ 【    2 番 】 マイネルハニー
9 マツリダゴッホ 【    7 番 】 ロードクエスト
10 トーセンファントム 【  16 番 】 ブレイブスマッシュ

母馬の走能力順位

母順位 母馬名 馬番 馬 名
1 エアメサイア 【    5 番 】 エアスピネル
2 シーザリオ 【  12 番 】 リオンディーズ
3 ジュモー 【  17 番 】 プロフェット
4 トーセンスマッシュ 【  16 番 】 ブレイブスマッシュ
5 エルメスティアラ 【    1 番 】 ディーマジェスティ
6 レディアップステージ 【  10 番 】 スマートオーディン
7 アグネスリース 【    6 番 】 アグネスフォルテ
8 ショアー 【  15 番 】 イモータル
9 ショウダウン 【  13 番 】 レッドエルディスト
10 マルペンサ 【    8 番 】 サトノダイヤモンド
11 レーゲンボーゲン 【    4 番 】 レインボーライン
12 ラヴズオンリーミー 【  18 番 】 プロディガルサン
13 ウィキウィキ 【    3 番 】 マカヒキ
14 ヴィアンローズ 【  11 番 】 アジュールローズ
15 リリーオブザヴァレー 【  14 番 】 ヴァンキッシュラン
16 マツリダワルツ 【    7 番 】 ロードクエスト
17 ミスパスカリ 【    9 番 】 マウントロブソン
18 ブライアンハニー 【    2 番 】 マイネルハニー
2016/05/28 カテゴリー: 父馬と母馬の走能力 | コメントする

オークス出走馬の父馬と母馬の走能力順位

第77回優駿牝馬(オークス)(GⅠ)出走馬18頭の父馬と母馬の走能力順位です

競走成績は
2014年6月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Sprint(1,000m- 1,300m)
Mile(1,301m- 1,899m)
Intermediate(1,900m- 2,100m)の
成績で分析しています

出走馬18頭の父馬は11頭で
ディープインパクトの産駒が4頭
キングカメハメハの産駒が3頭
ステイゴールド、メイショウサムソンがそれぞれ2頭
の出走馬がいます

父馬の走能力順位

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト 【    2 番 】 アウェイク
1 ディープインパクト 【    3 番 】 シンハライト
1 ディープインパクト 【  14 番 】 ビッシュ
1 ディープインパクト 【  15 番 】 レッドアヴァンセ
2 ハービンジャー 【  16 番 】 ジェラシー
3 ハーツクライ 【    1 番 】 フロムマイハート
4 マンハッタンカフェ 【    5 番 】 ペプチドサプル
5 ステイゴールド 【    6 番 】 アドマイヤリード
5 ステイゴールド 【    9 番 】 ウインファビラス
6 キングカメハメハ 【    4 番 】 アットザシーサイド
6 キングカメハメハ 【  11 番 】 エンジェルフェイス
6 キングカメハメハ 【  13 番 】 チェッキーノ
7 ネオユニヴァース 【  18 番 】 ダイワドレッサー
8 メイショウサムソン 【    8 番 】 デンコウアンジュ
8 メイショウサムソン 【  12 番 】 フロンテアクイーン
9 クロフネ 【  17 番 】 ロッテンマイヤー
10 ロージズインメイ 【    7 番 】 ゲッカコウ
11 オレハマッテルゼ 【  10 番 】 ダンツペンダント

母馬の走能力順位

母順位 母馬名 馬番 馬 名
1 チューベローズ 【    7 番 】 ゲッカコウ
2 ハッピーパス 【  13 番 】 チェッキーノ
3 ブルーボックスボウ 【  12 番 】 フロンテアクイーン
4 アーデルハイト 【  17 番 】 ロッテンマイヤー
5 シンハリーズ 【    3 番 】 シンハライト
6 ルミナスハーバー 【    4 番 】 アットザシーサイド
7 バランセラ 【  14 番 】 ビッシュ
8 グローリアスデイズ 【  16 番 】 ジェラシー
9 サマーエタニティ 【    9 番 】 ウインファビラス
10 エリモピクシー 【  15 番 】 レッドアヴァンセ
11 ベルアリュール2 【    6 番 】 アドマイヤリード
12 リバティープリント 【  18 番 】 ダイワドレッサー
13 マイネエスポワール 【    1 番 】 フロムマイハート
14 デンコウラッキー 【    8 番 】 デンコウアンジュ
15 ペプチドモアー 【    5 番 】 ペプチドサプル
16 ノースプリンセス 【  10 番 】 ダンツペンダント
17 オールザウェイベイビー 【    2 番 】 アウェイク
18 ワンフォーローズ 【  11 番 】 エンジェルフェイス

 

2016/05/21 カテゴリー: 父馬と母馬の走能力 | コメントする

天皇賞(春)出走馬の父馬の走能力順位

第153回天皇賞(春)(GⅠ)出走馬18頭の父馬の走能力順位です

競走成績は
2013年6月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Long(2,101m-2,700m)
Long(2,701m-)の
成績で分析しています

出走馬18頭の父馬は11頭で
ディープインパクトとハーツクライの産駒がそれぞれ3頭
ステイゴールド、キングカメハメハ、アドマイヤドンがそれぞれ2頭
の出走馬がいます

父馬の走能力順位

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト 【   4 番 】 トーセンレーヴ
1 ディープインパクト 【   7 番 】 ファタモルガーナ
1 ディープインパクト 【 14 番 】 サトノノブレス
2 ハーツクライ 【   3 番 】 カレンミロティック
2 ハーツクライ 【   5 番 】 フェイムゲーム
2 ハーツクライ 【   8 番 】 シュヴァルグラン
3 ネオユニヴァース 【 15 番 】 サウンズオブアース
4 ステイゴールド 【   2 番 】 トゥインクル
4 ステイゴールド 【 13 番 】 マイネルメダリスト
5 ブラックタイド 【   1 番 】 キタサンブラック
6 スペシャルウィーク 【   9 番 】 トーホウジャッカル
7 キングカメハメハ 【 12 番 】 ヤマニンボワラクテ
7 キングカメハメハ 【 18 番 】 レーヴミストラル
8 ゼンノロブロイ 【 11 番 】 タンタアレグリア
9 スクリーンヒーロー 【 17 番 】 ゴールドアクター
10 オペラハウス 【 16 番 】 ファントムライト
11 アドマイヤドン 【   6 番 】 アドマイヤデウス
11 アドマイヤドン 【 10 番 】 アルバート
2016/04/30 カテゴリー: 父馬と母馬の走能力 | コメントする

皐月賞出走馬の父馬の走能力順位

第76回皐月賞(GⅠ)出走馬18頭の父馬の走能力順位です

競走成績は
2013年6月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Mile(1,301m- 1,899m)
Intermediate(1,900m- 2,100m)
Long(2,101m- 2,700m)の
成績で分析しています

出走馬18頭の父馬は9頭で
ディープインパクトの産駒が6頭
キングカメハメハの産駒が3頭
ハービンジャー、ヴィクトワールピサがそれぞれ2頭
の出走馬がいます

父馬の走能力順位

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト 【   3 番 】 マカヒキ
1 ディープインパクト 【   4 番 】 アドマイヤダイオウ
1 ディープインパクト 【   5 番 】 マウントロブソン
1 ディープインパクト 【   7 番 】 ウムブルフ
1 ディープインパクト 【 11 番 】 サトノダイヤモンド
1 ディープインパクト 【 18 番 】 ディーマジェスティ
2 ハービンジャー 【   1 番 】 ドレッドノータス
2 ハービンジャー 【 13 番 】 プロフェット
3 ヴィクトワールピサ 【   2 番 】 ジョルジュサンク
3 ヴィクトワールピサ 【   9 番 】 ナムラシングン
4 ドリームジャーニー 【   6 番 】 ミライヘノツバサ
5 キンシャサノキセキ 【 17 番 】 アドマイヤモラール
6 マンハッタンカフェ 【 12 番 】 リスペクトアース
7 キングカメハメハ 【   8 番 】 ミッキーロケット
7 キングカメハメハ 【 15 番 】 エアスピネル
7 キングカメハメハ 【 16 番 】 リオンディーズ
8 マツリダゴッホ 【 14 番 】 ロードクエスト
9 デュランダル 【 10 番 】 トーアライジン
2016/04/16 カテゴリー: 父馬と母馬の走能力 | コメントする

桜花賞出走馬の父馬と母馬の走能力順位

第76回桜花賞(GⅠ)出走馬18頭の父馬と母馬の走能力順位です

競走成績は
2014年6月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Sprint(1,000m- 1,300m)
Mile(1,301m- 1,899m)
Intermediate(1,900m- 2,100m)の
成績で分析しています

出走馬18頭の父馬は10頭で
ディープインパクトの産駒が5頭
ダイワメジャーの産駒が3頭
ステイゴールド、バイロがそれぞれ2頭
の出走馬がいます

父馬の走能力順位

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト 【   1 番 】 キャンディバローズ
1 ディープインパクト 【   2 番 】 ブランボヌール
1 ディープインパクト 【 11 番 】 レッドアヴァンセ
1 ディープインパクト 【 12 番 】 シンハライト
1 ディープインパクト 【 15 番 】 ラベンダーヴァレイ
2 ヴィクトワールピサ 【 13 番 】 ジュエラー
3 ダイワメジャー 【   4 番 】 ソルヴェイグ
3 ダイワメジャー 【   5 番 】 メジャーエンブレム
3 ダイワメジャー 【   8 番 】 アッラサルーテ
4 キングカメハメハ 【 10 番 】 アットザシーサイド
5 ステイゴールド 【 16 番 】 ウインファビラス
5 ステイゴールド 【 17 番 】 アドマイヤリード
6 Street Sense 【   9 番 】 ジープルメリア
7 メイショウサムソン 【   7 番 】 デンコウアンジュ
8 タニノギムレット 【 18 番 】 メイショウバーズ
9 グラスワンダー 【 14 番 】 カトルラポール
10 パイロ 【   3 番 】 メイショウスイヅキ
10 パイロ 【   6 番 】 ビービーバーレル

母馬の走能力順位

母順位 母馬名 馬番 馬 名
1 ルシュクル 【   2 番 】 ブランボヌール
2 シンハリーズ 【 12 番 】 シンハライト
3 Song of Africa 【   9 番 】 ジープルメリア
4 バルドウィナ 【 13 番 】 ジュエラー
5 アスドゥクール 【   4 番 】 ソルヴェイグ
6 デヒアバーズ 【 18 番 】 メイショウバーズ
7 サマーエタニティ 【 16 番 】 ウインファビラス
8 ルミナスハーバー 【 10 番 】 アットザシーサイド
9 ラタフィア 【   8 番 】 アッラサルーテ
10 ファインディンプル 【   6 番 】 ビービーバーレル
11 ヴィトンクイーン 【   3 番 】 メイショウスイヅキ
12 スポーティングラダー 【 14 番 】 カトルラポール
13 ベルアリュール2 【 17 番 】 アドマイヤリード
14 キャッチータイトル 【   5 番 】 メジャーエンブレム
15 デンコウラッキー 【   7 番 】 デンコウアンジュ
16 エリモピクシー 【 11 番 】 レッドアヴァンセ
17 アフレタータ 【   1 番 】 キャンディバローズ
18 クロウキャニオン 【 15 番 】 ラベンダーヴァレイ
2016/04/09 カテゴリー: 父馬と母馬の走能力 | コメントする

有馬記念出走馬の父馬と母馬の走能力順位

第60回有馬記念(GⅠ)出走馬16頭の父馬と母馬の走能力順位です

競走成績は
2012年12月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Intermediate(1,900m- 2,100m)と
Long(2,101m- 2,700m)の
成績で分析しています

出走馬16頭の父馬は11頭で
ディープインパクトの産駒が3頭
キングカメハメハ、ステイゴールド、アドマイヤドンがそれぞれ2頭
の出走馬がいます

父馬の走能力順位

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト 【   3 番 】 ラストインパクト
1 ディープインパクト 【 10 番 】 トーセンレーヴ
1 ディープインパクト 【 16 番 】 マリアライト
2 ハーツクライ 【   8 番 】 ワンアンドオンリー
3 キングカメハメハ 【   2 番 】 ヒットザターゲット
3 キングカメハメハ 【   4 番 】 ラブリーデイ
4 マンハッタンカフェ 【 13 番 】 ルージュバック
5 ステイゴールド 【   1 番 】 オーシャンブルー
5 ステイゴールド 【 15 番 】 ゴールドシップ
6 ネオユニヴァース 【   9 番 】 サウンズオブアース
7 ゼンノロブロイ 【 12 番 】 リアファル
8 スクリーンヒーロー 【   7 番 】 ゴールドアクター
9 ブラックタイド 【 11 番 】 キタサンブラック
10 ジャングルポケット 【 14 番 】 ダービーフィズ
11 アドマイヤドン 【   5 番 】 アドマイヤデウス
11 アドマイヤドン 【   6 番 】 アルバート

母馬の走能力順位

母順位 母馬名 馬番 馬 名
1 ロイヤルカード 【   5 番 】 アドマイヤデウス
2 クリソプレーズ 【 12 番 】 リアファル
3 クリソプレーズ 【 16 番 】 マリアライト
4 ポイントフラッグ 【 15 番 】 ゴールドシップ
5 マンハッタンフィズ 【 14 番 】 ダービーフィズ
6 フォルクローレ 【   6 番 】 アルバート
7 ビワハイジ 【 10 番 】 トーセンレーヴ
8 ジンジャーパンチ 【 13 番 】 ルージュバック
9 ポップコーンジャズ 【   4 番 】 ラブリーデイ
10 ラティール 【   2 番 】 ヒットザターゲット
11 ヘイロンシン 【   7 番 】 ゴールドアクター
12 ファーストバイオリン 【   9 番 】 サウンズオブアース
13 シュガーハート 【 11 番 】 キタサンブラック
14 ヴァーチュ 【   8 番 】 ワンアンドオンリー
15 スペリオルパール 【   3 番 】 ラストインパクト
16 プアプー 【   1 番 】 オーシャンブルー
2015/12/26 カテゴリー: 父馬と母馬の走能力 | コメントする

天皇賞(秋)出走馬の父馬と母馬の走能力順位

第152回天皇賞(秋)(GⅠ)出走馬18頭の父馬と母馬の走能力順位です

競走成績は
2012年10月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Mile(1,301m-1,899m)
Intermediate(1,900m-2,100m)
Long(2,101m-2,700m)
の成績で分析しています

父馬の走能力順位
出走馬18頭の父馬は9頭で
その産駒は
ディープインパクトが9頭と最も多く
次いで
ハーツクライの2頭となっています

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト 【   1 番 】 ディサイファ
1 ディープインパクト 【   2 番 】 アンビシャス
1 ディープインパクト 【   4 番 】 ダコール
1 ディープインパクト 【   7 番 】 ラストインパクト
1 ディープインパクト 【   9 番 】 エイシンヒカリ
1 ディープインパクト 【 13 番 】 ヴァンセンヌ
1 ディープインパクト 【 14 番 】 ステファノス
1 ディープインパクト 【 15 番 】 ショウナンパンドラ
1 ディープインパクト 【 17 番 】 スピルバーグ
2 ハーツクライ 【   6 番 】 カレンミロティック
2 ハーツクライ 【 11 番 】 ワンアンドオンリー
3 キングカメハメハ 【   8 番 】 ラブリーデイ
4 フジキセキ 【 16 番 】 イスラボニータ
5 ゼンノロブロイ 【 10 番 】 ペルーサ
6 ダンスインザダーク 【   5 番 】 クラレント
7 Marju 【   3 番 】 サトノクラウン
8 ジャングルポケット 【 12 番 】 ダービーフィズ
9 アドマイヤドン 【 18 番 】 アドマイヤデウス

母馬の走能力順位

母順位 母馬名 馬番 馬 名
1 ロイヤルカード 【 18 番 】 アドマイヤデウス
2 マンハッタンフィズ 【 12 番 】 ダービーフィズ
3 アルゼンチンスター 【 10 番 】 ペルーサ
4 ポップコーンジャズ 【   8 番 】 ラブリーデイ
5 キューティゴールド 【 15 番 】 ショウナンパンドラ
6 カーニバルソング 【   2 番 】 アンビシャス
7 イスラコジーン 【 16 番 】 イスラボニータ
8 ヴァーチュ 【 11 番 】 ワンアンドオンリー
9 ジョコンダ2 【   3 番 】 サトノクラウン
10 スターミー 【   6 番 】 カレンミロティック
11 ミズナ 【   1 番 】 ディサイファ
12 アジアンミーティア 【   4 番 】 ダコール
13 ココシュニック 【 14 番 】 ステファノス
14 プリンセスオリビア 【 17 番 】 スピルバーグ
15 エリモピクシー 【   5 番 】 クラレント
16 スペリオルパール 【   7 番 】 ラストインパクト
17 フラワーパーク 【 13 番 】 ヴァンセンヌ
18 キャタリナ 【   9 番 】 エイシンヒカリ
2015/10/31 カテゴリー: 父馬と母馬の走能力 | コメントする

菊花賞出走馬の父馬と母馬の走能力順位

第76回菊花賞(GⅠ)出走馬18頭の父馬と母馬の走能力順位です

競走成績は
2012年10月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Intermediate(1,900m-2,100m)
Long(2,101m-2,700m)
の成績で分析しています

父馬の走能力順位
出走馬18頭の父馬は11頭で
その産駒は
ディープインパクトとハービンジャーがそれぞれ3頭と最も多く
次いで
ゼンノロブロイ・メイショウサムソン・ブラックタイドの2頭となっています

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト 【   2 番 】 サトノラーゼン
1 ディープインパクト 【   9 番 】 アルバートドック
1 ディープインパクト 【 11 番 】 リアルスティール
2 ハービンジャー 【   5 番 】 ベルーフ
2 ハービンジャー 【   7 番 】 スティーグリッツ
2 ハービンジャー 【 14 番 】 マッサビエル
3 ネオユニヴァース 【 10 番 】 ブライトエンブレム
4 ゼンノロブロイ 【   3 番 】 タンタアレグリア
4 ゼンノロブロイ 【 17 番 】 リアファル
5 ステイゴールド 【 15 番 】 ジュンツバサ
6 ダイワメジャー 【   1 番 】 ミコラソン
7 スクリーンヒーロー 【   8 番 】 ミュゼエイリアン
8 ディープスカイ 【 18 番 】 スピリッツミノル
9 メイショウサムソン 【   6 番 】 レッドソロモン
9 メイショウサムソン 【 13 番 】 マサハヤドリーム
10 ブラックタイド 【   4 番 】 キタサンブラック
10 ブラックタイド 【 16 番 】 タガノエスプレッソ
11 エンパイアメーカー 【 12 番 】 ワンダーアツレッタ

母馬の走能力順位

母順位 母馬名 馬番 馬 名
1 アドマイヤリッチ 【   6 番 】 レッドソロモン
2 タガノレヴェントン 【 16 番 】 タガノエスプレッソ
3 レクレドール 【   5 番 】 ベルーフ
4 クリソプレーズ 【 17 番 】 リアファル
5 メジロルルド 【 14 番 】 マッサビエル
6 サンタフェソレイユ 【   7 番 】 スティーグリッツ
7 ランペイア 【 13 番 】 マサハヤドリーム
8 ブラックエンブレム 【 10 番 】 ブライトエンブレム
9 ラヴズオンリーミー 【 11 番 】 リアルスティール
10 タンタスエルテ 【   3 番 】 タンタアレグリア
11 トゥーピー 【   2 番 】 サトノラーゼン
12 ゴールデンドックエー 【   9 番 】 アルバートドック
13 シュガーハート 【   4 番 】 キタサンブラック
14 エールスタンス 【   8 番 】 ミュゼエイリアン
15 バアゼルクローバー 【 18 番 】 スピリッツミノル
16 ワンダーマッスル 【 12 番 】 ワンダーアツレッタ
17 ピンクガーター 【 15 番 】 ジュンツバサ
18 ビワビーナス 【   1 番 】 ミコラソン
2015/10/24 カテゴリー: 父馬と母馬の走能力 | コメントする

日本ダービー出走馬の父馬と母馬の走能力順位

第82回東京優駿(日本ダービー)(GⅠ)出走馬18頭の父馬と母馬の走能力順位です

競走成績は
2013年6月1日からのデータから
芝馬場の
レーティングで区分されている
Mile(1,301m-1,899m)
Intermediate(1,900m-2,100m)
Long(2,101m-2,700m)
の成績で分析しています

父馬の走能力順位
出走馬18頭の父馬は10頭で
その産駒は
ディープインパクト・キングカメハメハ・ブラックタイドがそれぞれ3頭と最も多く
次いで
ゼンノロブロイとスクリーンヒーローの2頭となっています

父順位 父馬名 馬番 馬 名
1 ディープインパクト 【   1 番 】 サトノラーゼン
1 ディープインパクト 【   6 番 】 ポルトドートウィユ
1 ディープインパクト 【 13 番 】 リアルスティール
2 ハーツクライ 【   8 番 】 ベルラップ
3 ダイワメジャー 【   5 番 】 ダノンメジャー
4 キングカメハメハ 【   7 番 】 レーヴミストラル
4 キングカメハメハ 【 14 番 】 ドゥラメンテ
4 キングカメハメハ 【 15 番 】 ミュゼスルタン
5 ゼンノロブロイ 【   2 番 】 タンタアレグリア
5 ゼンノロブロイ 【 12 番 】 アダムスブリッジ
6 Marju 【 11 番 】 サトノクラウン
7 ブラックタイド 【   3 番 】 コメート
7 ブラックタイド 【 17 番 】 キタサンブラック
7 ブラックタイド 【 18 番 】 タガノエスプレッソ
8 スクリーンヒーロー 【   4 番 】 グァンチャーレ
8 スクリーンヒーロー 【 10 番 】 ミュゼエイリアン
9 ディープスカイ 【 16 番 】 スピリッツミノル
10 ハイアーゲーム 【   9 番 】 コスモナインボール

母馬の走能力順位

母順位 母馬名 馬番 馬 名
1 アドマイヤグルーヴ 【 14 番 】 ドゥラメンテ
2 タガノレヴェントン 【 18 番 】 タガノエスプレッソ
3 アスクデピュティ 【 15 番 】 ミュゼスルタン
4 シュガーハート 【 17 番 】 キタサンブラック
5 ベルスリーブ 【   8 番 】 ベルラップ
6 チュウオーサーヤ 【   4 番 】 グァンチャーレ
7 シックスポケット 【   9 番 】 コスモナインボール
8 ジョコンダ2 【 11 番 】 サトノクラウン
9 シンハリーズ 【 12 番 】 アダムスブリッジ
10 レーヴドスカー 【   7 番 】 レーヴミストラル
11 エールスタンス 【 10 番 】 ミュゼエイリアン
12 ポルトフィーノ 【   6 番 】 ポルトドートウィユ
13 タンタスエルテ 【   2 番 】 タンタアレグリア
14 ヴィヤダーナ 【   5 番 】 ダノンメジャー
15 ラヴズオンリーミー 【 13 番 】 リアルスティール
16 バアゼルクローバー 【 16 番 】 スピリッツミノル
17 トゥーピー 【   1 番 】 サトノラーゼン
18 ジューンブライド 【   3 番 】 コメート
2015/05/30 カテゴリー: 父馬と母馬の走能力 | コメントする