菊花賞出走馬の父馬走能力順位

競走成績は
2009年10月1日からのデータを使用しています。
距離は、レーティングで区分されている
Long(2,101m – 2,700m)と
Extended(2,701m – )
の成績で分析しています。

菊花賞出走馬18頭の父馬は10頭で
出走馬が最も多い父馬はディープインパクトの7頭、次いでステイゴールドの2頭です。

父馬の順位 父馬名 馬名
1 ディープインパクト ベールドインパクト
1 ディープインパクト ダノンジェラート
1 ディープインパクト ニューダイナスティ
1 ディープインパクト マウントシャスタ
1 ディープインパクト エタンダール
1 ディープインパクト ロードアクレイム
1 ディープインパクト アーデント
2 ステイゴールド ゴールドシップ
2 ステイゴールド フェデラルホール
3 トーセンダンス ユウキソルジャー
4 フジキセキ タガノビッグバン
5 アドマイヤジャパン ビービージャパン
6 タヤスツヨシ ラニカイツヨシ
7 ロージズインメイ コスモオオゾラ
8 クロフネ トリップ
9 シンボリクリスエス ミルドリーム
9 シンボリクリスエス フジマサエンペラー
10 ブライアンズタイム スカイディグニティ
カテゴリー: 父馬と母馬の走能力 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。