走能力と馬体重

競走馬の馬体重は、
馬のコンディション判定の一つの目安として利用されている。
馬体重と走能力は関係するのだろうか?
下の統計資料を参考に考えてみて下さい。

一つの目安として、
2011年のサラブレッド3歳馬で
GⅠ・GⅡ・GⅢ競走に出走した馬と
それ以外の競走に出走した馬を牡・牝別に比較してみると、
牡馬では
グループ競走に出走した馬の
平均が478キロ、最少420キロ最大542キロ
それ以外に出走した馬の
平均が473キロ、最少364キロ最大600キロ
牝馬では
グループ競走に出走した馬の
平均が455キロ、最少377キロ最大502キロ
それ以外に出走した馬の
平均が447キロ、最少330キロ最大562キロ

このように、
グループ競走に出走した馬の方が、
牡牝とも平均体重が重くその幅が狭いことがわかる。

カテゴリー: 博士の競馬ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。